黒部峡谷だいすき(続)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして翌日
またまた来ちゃったトロッコ電車(笑)

途中の鐘釣駅で降りてみる。

河原の露天風呂が名物だけど、今日は増水してるので行けないとの事。
残念…。

(鐘釣駅のオアシス♬な茶屋)

駅にちいさな茶屋があるので、ここでコーヒーを飲んでみようっ☕

「どちらから来ました?」
「横浜?そう。私も横浜にいましたよ」

茶屋のお姉さんとお話がはずむ👩🏻

お姉さんは宇奈月温泉の活性化に取り組んでいるそうで、もし良かったら移住しませんか?なんて言われちゃった🐿

宇奈月温泉の閉鎖した宿をリノベしてゲストハウスとかやってみたら面白いなー♪なんてね(笑)

ーーーー

(沢を渡って高度を上げてゆきます♪終点はもうすぐです)

鐘釣駅を名残惜しく出発。
トロッコ電車は高度をどんどん上げて終点を目指します。
そして到着。欅平駅。
リュックサックを背負って歩きだします。

今日の目当ては祖母谷温泉♨
宇奈月温泉からトロッコ電車で1時間20分乗って、さらに欅平から50分も歩くというなかなかの秘湯♨

歩き始めるといきなり

「危ないんだぞー!」

と警告を促す看板。
そしてヘルメットが置いてあり、「ここから先は自己責任でどうぞ」
という扱い。

(危ないんだぞーっ!)
(ヘルメットもばっちり用意)


すごー!ドキドキ!でもワクワク♡

(人喰い岩!すごい迫力!)

道中は人喰い岩をはじめ、ゴツゴツの岩

そして深く流れの速い峡谷がつづく⛰
わぁーっ、万年雪がすぐそばに

(道ばたに雪が残る!さわれるよ♬さわれるよ♬)

さわれるよ!さわれるよ!
黒部の大自然に興奮200%

ようやくたどり着いた祖母谷温泉はポツンと小屋が1軒だけの秘湯♨

(祖母谷温泉。秘湯の一軒家)

露天風呂の隣にテントサイトがあり、愛用の黄色いテントを張る🏕
川も近いし、快適な場所。
そして、テント場からすぐの所に露天風呂があるのっ‼

(テントから露天風呂まで近いっ!川のせせらぎも気持ちいい!)

その気になれば、テントから裸で露天風呂まで直行できそう(キャー!笑)

.

さあ。テントも張り終えたので、河原へとおさんぽ。

河原ではそこらじゅうから温泉が湧いている。

ぷぅんと鼻をつく硫黄臭。
あちこちから流れだすお湯。
あっ!天然の露天風呂はっけーん ♨

( 噴煙の祖母谷地獄。あちらこちらから温泉が湧く! )
( 噴煙の祖母谷地獄。あちらこちらから温泉が湧く! )

入りたいなー♡
だけど残念
超熱すぎる!!
指を入れる事すらできない😣

残念だわー(T-T)

でも浅い湯だまりを見つけて、腰までだけどちょっぴり入浴
えへへっ( ´ ▽ ` )

そしてテント場へ戻って、旅館の露天風呂にゆったり入浴♨
そうそう。旅館の露天風呂なんですが、
テント泊の人も入れるんです!嬉しいっ🧡

さらに旅館の受付では冷えたビールまで買えますからね。嬉しいっ🍺

(露天風呂からの景色はこんな感じ♬最高✨)

夜もまた温泉入ってテントサイトでのんびり
お酒も飲みつつ、小さくたき火もしてみました。
焚き火とお酒って、しあわせだあー❤

そしてもう一回夜の入浴
あたりは真っ暗

新月
(夜。露天風呂と旅館の明かりが優しい気持ちにさせます)

宿のオレンジ色の明かりだけが優しく包む
たのしーい💕
秘湯最高だよーーー♨ ♨ ♨

日曜日。朝は雨に降られてしまう☂
ううっ残念😢

でも梅雨だし、山の天気は変わりやすいからしょうがないかぁ・・・。
小雨の中、テントを撤収して欅平駅へ戻る。
またいつか来るね、 祖母谷温泉。


帰りのトロッコ電車から見る山々は、モワーンと霧がたちこめてなんだか幻想的

(霧が立ち込める帰りの車窓)

.

(宇奈月ダムのあたりもこんなに霧がもわ~んと!)

宇奈月までは小雨だったのに、町へ下りるとかなりのどしゃ降りに
黒部峡谷の天気は変わるなぁ
どしゃ振りの雨は悲しいけど、
これもまた黒部の味。
また行くぞっ、と誓って黒部の山を下りるのでした。